悪性リンパ腫の子とクローン病の親と。

クローン病の親の子が悪性リンパ腫(Tリンパ芽球性リンパ腫)に。 今の暮らしを日々伝えていくことが、同じような病気を抱えて暮らす人の何らかの助けになればと思っています。

悪性リンパ腫の診断や治療について

罹患者たる息子に対する診断や治療についての記録をするカテゴリーです。 医学的な知識や素養はないため、正確な情報を求める場合は然るべき情報源をあたっていただくことをおすすめします。 が、正確性に不安を持ちつつもそれを発信することが、同じような病気で悩みを持っている方々に学術的な情報から得られるものとは違うなにかを提供することになるとの考えもあり、あえて記録するものです。 あくまで「われわれの場合」の記載であることにご注意ください。

Tリンパ芽球性リンパ腫:第5クールの治療内容

はじめに 治療に関する記述に関するこのブログのスタンスは以下のエントリーのとおりです。 salus.hatenablog.jp 地固め療法(ALL BFM95 HR 3'-1 3'-2) 6日間で以下に記載する薬を投与。 投与した主なおくすり デキサート www.pmda.go.jp キロサイド www.pm…

CTの検査結果は特に異状なし。完全寛解を得た

一時退院中ではあるけれども、3ヶ月ぶりのCT検査と次回治療開始のタイミングをはかるための血液検査で通院。 まずCT。 寛解導入療法後のFDG-PET/CTで確認できていた腫瘍の残りカス(活性はなく残骸が残っている状態)も概ね無くなってきて良い状態 これであ…

Tリンパ芽球性リンパ腫:第4クールの治療内容

はじめに 治療に関する記述に関するこのブログのスタンスは以下のエントリーのとおりです。 salus.hatenablog.jp 地固め療法(ALL BFM95 HR 2'-1 2'-2) 6日間で以下に記載する薬を投与。 投与した主なおくすり デキサート www.pmda.go.jp フィルデシン www.…

Tリンパ芽球性リンパ腫:第3クールの治療内容

はじめに ※これを書いているのは既に第3クールを終えている2017年8月です。これまでにちゃんと残せていなかったものを備忘録的に記載しておくものになります。 なお、治療に関する記述に関するこのブログのスタンスは以下のエントリーのとおりです。 salus.h…

Tリンパ芽球性リンパ腫:第2クールの治療内容

はじめに ※これを書いているのは既に第2クールを終えている2017年8月です。これまでにちゃんと残せていなかったものを備忘録的に記載しておくものになります。 なお、治療に関する記述に関するこのブログのスタンスは以下のエントリーのとおりです。 salus.h…

治療計画の記載に関するこのブログのスタンス

今後(直近では明日から3日間)、各クールの治療計画について記録を残していくのですが、それに先だってこのブログで治療計画や薬に関して言及する際に心懸けていることを書き留めておこうと思います。 治療計画の記載に関するこのブログのスタンス このブロ…

寛解導入療法の効果を見るためのFDG-PET/CTをやった。結果は。

この日は寛解導入療法が終了したあとに、当初あった腫瘍がどれくらい小さくなっているのか、仮に残っていたとしてどれくらいの活性を持っているかを調べるFDG-PET/CTの検査をやった。 この検査については以下がわかりやすいのでこちらで。 PET-CTとは|国立…

悪性リンパ腫の診断を受けてからやったこと

息子が首の違和感を伝えてきてから検査入院、診断にいたるまでの経緯は「悪性リンパ腫と診断されるまでの2週間」のエントリで簡単な記録を残したけれども、こちらではその診断を受けてから本格的な治療を始め、周辺環境を一通り整えるまでにやったことを記録…

今回の悪性リンパ腫の治療に使う主な薬とその副作用

はじめの7週間で主に投与する薬とその副作用 利尿剤や制吐剤などの補助的に使うものを除き、寛解を目指す最初の7週間で主に投与する薬に関して医師から説明された副作用について簡単にまとめてみる。 詳細かつ正確な情報は以下のエントリで記載した医薬品情…

今回の悪性リンパ腫の治療方針

4月の中旬に悪性リンパ腫の診断を受けたのちに抗がん剤等による治療方針の説明を受けており、現在は治療期間に入っているわけだが、これまでバタバタしていてまとめておくことができていなかったので、改めてまとめておくことにする。 病名:Tリンパ芽球性リ…

悪性リンパ腫と診断されるまでの2週間

ここ2週間で起こったこと。 あまりにも色々ありすぎて、1ヶ月どころか半年ぐらいは経っているような気がする。が、まずは最短距離を突っ走れたと思っている。 *** 13才(中2)の息子が風呂上がりに首元が腫れていると気付いて知らせてきた。 かかりつけ医…

確定診断。悪性リンパ腫とのこと。

2017年4月21日、医師から診断結果を告げられる。 悪性リンパ腫の一つである「Tリンパ芽球性リンパ腫」とのこと。 小児慢性特定疾病情報センター - Tリンパ芽球性リンパ腫 概要 事前にその可能性が高いと告げられてはいたものの、やはり診断として知らせられ…

悪性リンパ腫の子とクローン病の親と。

「今、しっかり暮らしているよ」ということを日々伝えていくことが、同じような病気で悩んでいる人を勇気づけることになるだろうとの想いから、病気に関する考察や治療に関する情報よりも、日記的な記述が多くなっています(そもそも医学的・専門的な知識がない中で、正確なことは書けないし)。

病気や治療で投与する薬剤や各種支援制度についての記述も稀に行いますが、相対的に情報の正確性が高いと思われる政府機関をはじめとした公的機関からの引用や、それらへの参照に限るように心懸けています。

上記のように、記載内容の正確性や信頼性には一定の配慮はしていますが、必ずしもそれらを保証はしません。

また、このブログの記載内容をもとにした他者の行動とその結果に対して、一切の責任を負いかねますこと、ご了承ください。

Copyright © 悪性リンパ腫の子とクローン病の親と。