悪性リンパ腫の子とクローン病の親と。

クローン病の親の子が悪性リンパ腫(Tリンパ芽球性リンパ腫)に。 今の暮らしを日々伝えていくことが、同じような病気を抱えて暮らす人の何らかの助けになればと思っています。

無事に誕生日を迎えた

無事に誕生日を迎えた。 といってもしばらく前のことなんだけれども。 去年の誕生日は治療の真っ最中で、ろくなお祝いもできず、翌年無事に誕生日を迎えられるんだろうかといった心配もあって、正直記憶にあまり残っていない。 今年の誕生日は本人が好きなご…

血管拡張性肉芽腫

しばらく前からアゴのところに赤いおできみたいなものができていて、段々大きくなっていたので気になっていた。 ちょうど検査入院していたこともあり診てもらうと、「血管拡張性肉芽腫」というものだそう。 肉芽腫、そして切除したあと細胞検をしようと聞い…

肺の炎症の原因特定のために入院

これまでも何回か書いていたけれども、肺にある炎症の原因を特定するために検査入院。 抗がん剤投与による免疫低下のため、普通の人なら問題ないような弱毒性のものにも反応してしまうというのは良くあるらしく、とはいえほっておいて重篤化するのも良く無い…

塾で進路指導を受ける。なんとか希望は見えている感じ

土曜日に塾の進路指導を受けてきた。 直近の模試の結果を見つつの話だったのだけれど、1-2年生の学習範囲の試験を2年生の学習がまるまる抜けている状態で受けたにしては、良い結果であるという判断。 今後、夏休みなどで頑張って巻き返せば、元々の志望校も…

平穏な日々が続くと振り返ることが減る

入院中は極力毎日 退院後も何かしら記録を残すために週次で と決めていたものの、やはり治療の意識が相対的に減る後者については、ついつい記録を忘れてしまうものだなと思った。ふと気づいたら、前回更新から1週間以上経っている。 ちなみに今週は期末テス…

7月早々に再入院が決まる

といっても再発、というわけではなく。 先般からの外来でのCTで存在がわかっていた肺にあるなにかの原因を調べるための3日間の入院。 造影からは腫瘍ではなく何かしらの炎症ということで、とはいえ抗生物質の服用で改善があまり見られないので、何が原因なの…

いよいよ受験モード

日曜日は高校受験の模擬試験があった。 こういった場は初めてなので、彼がどういう感触を持ったのかには興味があるけれども、いよいよ受験というその雰囲気は持って帰ってきたのではないかと思う。 2年生を丸々棒にふっていることもあり、学力的には相当にハ…

悪性リンパ腫の子とクローン病の親と。

「今、しっかり暮らしているよ」ということを日々伝えていくことが、同じような病気で悩んでいる人を勇気づけることになるだろうとの想いから、病気に関する考察や治療に関する情報よりも、日記的な記述が多くなっています(そもそも医学的・専門的な知識がない中で、正確なことは書けないし)。

病気や治療で投与する薬剤や各種支援制度についての記述も稀に行いますが、相対的に情報の正確性が高いと思われる政府機関をはじめとした公的機関からの引用や、それらへの参照に限るように心懸けています。

上記のように、記載内容の正確性や信頼性には一定の配慮はしていますが、必ずしもそれらを保証はしません。

また、このブログの記載内容をもとにした他者の行動とその結果に対して、一切の責任を負いかねますこと、ご了承ください。

Copyright © 悪性リンパ腫の子とクローン病の親と。