悪性リンパ腫の子とクローン病の親と。

クローン病の親の子が悪性リンパ腫(Tリンパ芽球性リンパ腫)に。 今の暮らしを日々伝えていくことが、同じような病気を抱えて暮らす人の何らかの助けになればと思っています。

ベッドから出て少し歩いてみたり

まだまだ骨髄抑制が続いていて病棟の外へは出られないものの、すでに点滴も外れているので、ちょっとした用事では病棟内を歩くようにしているようだ。 昨日に続いてこれもまた、これまでにはあまり見られなかった行動だけに、なんだか嬉しく思う。とてもとて…

前向きな気持ちが見えてきている

大量化学療法が終わり、吐き気などのしんどい副作用が治まっていること、あと1クールを終えれば入院治療も一区切りで、春からは(予定通りいけば)中学校に戻れるというわかりやすい目標が見えてきたからか、だいぶ前向きな気持ちになっているもよう。 新学…

今回は早く出られるのじゃないかという淡い期待

一時、ぐっと体調が落ち込むタイミングがあったけれども、わりと調子よく普通に過ごせているので、早めに外泊許可なり一時退院となるかも? という淡い期待を持っていたりする。 が、外見はそうでも血球の状態はそうでもないことが多いことはこれまで幾度と…

しんどいはずだが頑張っている

骨髄抑制など副作用が強く出る期間にあって、訪問学級の授業に出席するなど、頑張っている。 これ、以前だったら「今日は休もうかな」と言って欠席するパターンだったけれども、治療の出口が見えてきたからなのか、もうすぐ中学3年生になるからなのか、単純…

今週はしんどい期間

抗がん剤投与の週もしんどそうだけど、終わったあとの次の週がよりしんどそう。 これまでもそうだったのだけれども、今回もまた同様に。 いつも1週間ぐらいで回復してきているのだけれども、立て続けの治療で体の回復が遅くなってきているので、調子が戻って…

不平不満はあるけれど

入院治療を受けている病室は4人部屋なのだけれども、いろんな人が入れ替わり立ち替わりで入退院していく。 うちは割と長い期間を病室で過ごしているので結果的に色々な人を見る(カーテンでずっと仕切っているので、正確には見るわけではないが)。 別に出歯…

大惨事発生(笑い話)

午前中にいつものように病棟内のスタバでコーヒーを買って病室に入り、色々ベッドまわりの片付けなどをしていたら、なんとコーヒーを思いっきりベッドの上にこぼしてしまった。 ベッドはもとより床もビショビショ、本人のパジャマにもかかるわで本当に大惨事…

悪性リンパ腫の子とクローン病の親と。

「今、しっかり暮らしているよ」ということを日々伝えていくことが、同じような病気で悩んでいる人を勇気づけることになるだろうとの想いから、病気に関する考察や治療に関する情報よりも、日記的な記述が多くなっています(そもそも医学的・専門的な知識がない中で、正確なことは書けないし)。

病気や治療で投与する薬剤や各種支援制度についての記述も稀に行いますが、相対的に情報の正確性が高いと思われる政府機関をはじめとした公的機関からの引用や、それらへの参照に限るように心懸けています。

上記のように、記載内容の正確性や信頼性には一定の配慮はしていますが、必ずしもそれらを保証はしません。

また、このブログの記載内容をもとにした他者の行動とその結果に対して、一切の責任を負いかねますこと、ご了承ください。

Copyright © 悪性リンパ腫の子とクローン病の親と。