悪性リンパ腫の子とクローン病の親と。

クローン病の親の子が悪性リンパ腫(Tリンパ芽球性リンパ腫)に。 今の暮らしを日々伝えていくことが、同じような病気を抱えて暮らす人の何らかの助けになればと思っています。

最後の学期が始まった

いよいよ中学校の最後の学期。 とはいえ3年生の3学期なのでもはやみんな受験モード。 本人は中学校卒業したくないと言い、中学校生活にかなり未練があるもよう。 自分が中学生のころを考えると、そんなに学校に愛着があるのはすごいななどと思ってしまうのだ…

無事に新年を迎える

昨年の大晦日は病院の中だったが、今年は家でみんなで過ごすことができた。 salus.hatenablog.jp 受験生でもあり、通院治療中で感染リスクは未だ高いのでどこへ行くわけではないけれども、それでもやはり家で過ごせるというのは、当たり前のようなことだけれ…

去年はマイナス、今年はプラス。

三連休最後はクリスマスイブということで、家でいろいろ料理を作りつつ、家族で楽しく過ごした。 息子は同じく三連休の間に志望校の希望するコースの推薦も取れて、進路にも一定の目処。 去年のクリスマスイブを振り返ると、一時退院はできて家で過ごせたも…

今年もあと半月ほど

あっという間に2018年が暮れようとしている。 去年の今日は、治療の合間の一時退院だったようだ。カテーテルを縫い付けている糸が切れて、病院に連絡したと記録がある。 その1年後の今日は、いまだ通院治療中ではあるものの、学校の友達を家に呼んでスマブラ…

同年代の友人が悪性リンパ腫で亡くなった

仕事で知り合った友人が今週の土曜に治療の甲斐なく亡くなった、という報に接した。 非常に温和な常識人で、40代での早逝が悔やまれる。 彼の場合は全身症状が出てきてからの受診・診断・治療開始ということもあって、治療の経過がとても気になっていた。 入…

風邪引いた。インフルエンザではない。

題名のとおり。 なかなかこの時期を病院の外でしのぐのはしんどいなー。 期末テストや模試といった重要行事が終わったあとだったのが不幸中の幸い。 すぐに治るといいのだけれど。

子への尊敬。そしてちょっと一息

期末テストが終わって、結果も帰ってきた。 フタを開けてみれば、わりとできが良かった1年次も含め、中学時代最高の結果。 2年次の学習は事実上全くできなかったことを考えると、ほんとに素晴らしい結果。 あれだけの厳しい治療を経て、精神的にもたくましく…

悪性リンパ腫の子とクローン病の親と。

「今、しっかり暮らしているよ」ということを日々伝えていくことが、同じような病気で悩んでいる人を勇気づけることになるだろうとの想いから、病気に関する考察や治療に関する情報よりも、日記的な記述が多くなっています(そもそも医学的・専門的な知識がない中で、正確なことは書けないし)。

病気や治療で投与する薬剤や各種支援制度についての記述も稀に行いますが、相対的に情報の正確性が高いと思われる政府機関をはじめとした公的機関からの引用や、それらへの参照に限るように心懸けています。

上記のように、記載内容の正確性や信頼性には一定の配慮はしていますが、必ずしもそれらを保証はしません。

また、このブログの記載内容をもとにした他者の行動とその結果に対して、一切の責任を負いかねますこと、ご了承ください。

Copyright © 悪性リンパ腫の子とクローン病の親と。