悪性リンパ腫の子とクローン病の親と。

クローン病の親の子が悪性リンパ腫(Tリンパ芽球性リンパ腫)に。 今の暮らしを日々伝えていくことが、同じような病気を抱えて暮らす人の何らかの助けになればと思っています。

台風で避難警報

病室にいたら、自治体からの避難警報が。 静かな病室に携帯からの大音量が鳴り響いてみんなびっくり。 とはいえもちろん病院内は安全なので、みんなのんき。 そんな台風の日は休薬の日。心なしか体調も良さそうで精神的にも安定していた。ご飯もちょっと食べ…

正しく怖がることが大事だと常日頃から思っている

今日は妙に不安そうな表情をしていると思ってなんかあったのかと聞いてみたら、 「薬が増えたから病気が悪い方に向かっている」 と、よくわからないことを言う。 よくよく聞いてみると、普段は飲まない内服の錠剤が増えたので「薬が増えた=病気が悪くなった…

副作用が出始めた。悪心と眠気

予想されていたことだけれども、副作用が出始めて気持ち悪いよう。あと、基本は寝てばかり。 が、今回は吐き気止めに服用のものも加えて対策してもらっているので、まだ吐くほどではないよう。 抗がん剤の投与期間は点滴量も増えるし利尿作用のあるものも入…

昨日は第6クールの初日だった。まだまだ快調

昨日は第6クールの初日。 かなり副作用に苦しんだ第3クールとほぼ同じ内容とあって、本人的にはかなり後ろ向きな気持ちで再入院したものの、まだ初日ということもあって快調。 訪問学級もしっかり受けて、ご飯も食べて、スタバのフラペチーノも飲み、お気に…

Tリンパ芽球性リンパ腫:第6クールの治療内容

はじめに 治療に関する記述に関するこのブログのスタンスは以下のエントリーのとおりです。 salus.hatenablog.jp 地固め療法(ALL BFM95 HR 1'-2) 6日間で以下に記載する薬を投与。 投与した主なおくすり ※一般名または販売名で調べています。 デキサート w…

10億年家にいたい

第6クールの治療のために入院する息子の言葉。 そうだよね。嫌だよね。行きたくないよね。 辛いのがわかりきっていて、それでも行けるというのはなかなかないもの。 この言葉を聞いたとき、昭和の戦争で生きて帰れないと知りつつ旅立つ若者と送る親がどうい…

学校でインフルエンザ発生とのこと

今日は元々在籍していた学校の(治療が終わったら特別支援学校から再編入する予定の)担任の先生が担当している授業に混ぜてもらう段取りだったのだけれども、朝その先生から連絡があって、学内でインフルエンザが発生したとのこと。 もうそんな季節か〜と思…

悪性リンパ腫の子とクローン病の親と。

「今、しっかり暮らしているよ」ということを日々伝えていくことが、同じような病気で悩んでいる人を勇気づけることになるだろうとの想いから、病気に関する考察や治療に関する情報よりも、日記的な記述が多くなっています(そもそも医学的・専門的な知識がない中で、正確なことは書けないし)。

病気や治療で投与する薬剤や各種支援制度についての記述も稀に行いますが、相対的に情報の正確性が高いと思われる政府機関をはじめとした公的機関からの引用や、それらへの参照に限るように心懸けています。

上記のように、記載内容の正確性や信頼性には一定の配慮はしていますが、必ずしもそれらを保証はしません。

また、このブログの記載内容をもとにした他者の行動とその結果に対して、一切の責任を負いかねますこと、ご了承ください。

Copyright © 悪性リンパ腫の子とクローン病の親と。