悪性リンパ腫の子とクローン病の親と。

クローン病の親の子が悪性リンパ腫に。ただ生きるためではなく、人間らしく生きるためにやれること、やってきたことを記録するためのブログ。

時間ギリギリいっぱいで病院へ戻る

外泊から戻らなくてはいけない時間ギリギリいっぱいの20:00に病室へ戻る。

日曜だからスタッフさんも少ない。

言葉には出さないものの、本人はやはり憂鬱そう。でも、そういった所作でおさめられるようになったところ、彼はやっぱり精神的にかなり成長したと思う。

そういえば、帰り際に手の平を合わせてみたところ、自分の手よりも大きくなっていた。

大きくなったなあ。

なんとか自宅で

まさかの交通事故でドタバタが振ってきてしまったものの、午前中に警察に行って事情聴取と現場検証、事故車の確認なども終え、あとは自宅でのんびり(?)過ごせる時間を確保できた。

せっかく家に帰ってきているから、一緒にいられる時間は少しでも多い方がいい。

病院に迎えに行く途中で交通事故

外泊明けの息子を迎えに妻が車で迎えに行く途中、信号無視の車にぶつかられて救急車で運ばれるという事故が起きた。

車は大破だけれども、本人はとりあえず無事(打撲とかがすごいけど)なので、不幸中の幸いというべきか。

息子が乗っているときでなかったのもまた不幸中の幸い。

しかしまあ、悪性リンパ腫といい事故といい、今年は色々ある年だ。

手違い? で病院で1泊することに

外泊扱いだったのと、血液検査をするために病院へ。

その結果で一時退院になるだろうと思っていたら、そうならなかったようでまた外泊として手続きをすることに。

が、一度外泊から帰ってまた外泊する場合、必ず1泊しなくてはいけない決まりになっているようで、病院で一夜を過ごす羽目に。

とても残念そうにしていたが、まあ仕方ないか。

見ていた風景

f:id:nyafutaisa:20170720065806j:plain

うちの息子が、一時退院以外のほぼ全ての時間で見ていた風景。

これを見ると、ちょっとやそっとのことは取るに足らないことだというのを思い知らされる。

今は辛いだろうけれども、この経験は将来の彼にとって何にも替えがたい拠り所となるんだろうなと思う。

一時退院? と思いきや、外泊に。

朝の血液検査の結果をみて外泊許可を出すかどうか決めるということだったが、結果は一時退院ではなく、2泊3日の外泊許可。

まだ血液の数値が上がって来ないため、木曜日に一度戻って状態を確認して、それによって次の治療開始日を決めた上で再度外泊許可を出すか、一時退院とするかを決めるということらしい(又聞きなので正確ではないかも)

が、外に出られないよりは数倍マシなので、良いこととしないとね。

なにより本人が自宅に戻れることを喜んでいるし。

3連休、病院で終わる(笑)

あわよくば一時退院して自宅で? と思っていた3連休。

その期待は見事に打ち砕かれ、普通に(?)病院で過ごす。

まあ、先は長いからこんなことでいちいち落胆してたらしかたがないけどね。

さあ明日の血液検査はどうだろう。問題なければ一時退院だ!