悪性リンパ腫の子とクローン病の親と。

クローン病の親の子が悪性リンパ腫に。ただ生きるためではなく、人間らしく生きるためにやれること、やってきたことを記録するためのブログ。

確定診断。悪性リンパ腫とのこと。

2017年4月21日、医師から診断結果を告げられる。

悪性リンパ腫の一つである「Tリンパ芽球性リンパ腫」とのこと。

 

小児慢性特定疾病情報センター - Tリンパ芽球性リンパ腫 概要

 

事前にその可能性が高いと告げられてはいたものの、やはり診断として知らせられるとしんどい。

 

とはいえ。

 

親としてはやはり子どものために、治すためにできることはもちろん、治ったあとのことを考えて動かないといけない。

 

難病だからといって、必要以上に悲観になることはない。

自身のクローン病もそうだった。

発症自体の確率は稀、一方で再発率も高い。

そんななかで、それでも再発せずに家族を持ち、仕事もし、酒も呑み、笑って過ごせる。

 

そんなやつが彼の父親であるわけだから、彼だって同じように笑って過ごせるはず。

だから自分はやるべきことをやる。

 

いかんな、ちょっとポエムっぽくなっている(笑)

まあいいや。